2009年10月28日

空飛ぶ人

 休日の夕刻、押口(おさえぐち)辺りまで来たら、市内方面の上空にパラグライダーが…。運転しながらチラッと見たが、思わず胸がキュンと。虫も嫌いだが、高いところはもっと恐い。いわゆる高所恐怖症。
 ドリーム球場のバックネット裏でも足がすくんで動けなかった。高館山のコンクリートの見晴らし塔は強風でユラユラ揺れる。もし倒れたらと思うと怖くなった。東京タワーも札幌のテレビ塔も五稜郭タワーも二度と昇りたくない。恵比寿ガーデンパレスだったか、エレベーターでホイホイ昇ってみたはいいが、あまりの高さに帰りのエレベーターで降りることさえためらった。
 旧朝日村のバンジージャンプでは、渓谷へ飛び出す姿を見ていつも腰が引けた。アマゾン資料館脇の吊り橋も、向こう岸まではとうとう渡れなかった。以前、バンジージャンプで人を案内した際、同様に腰が引けてるのをみて、彼も同症だと直感した。「あのジャンプ、1回飛ぶと五千円なんですよ」「えーっ、それは高いですねぇ」「でも、無料になる方法もあるんですけど」「………」「紐をつけないで飛ぶとタダになるんです」そりゃあ身投げともいいますねぇ、と笑ってくれた人は、山の落語会にお招きした落語のお師匠。  


Posted by エゾリス at 07:29Comments(0)いろんな話