2008年02月29日

アクセサリーな話



写真は食べかけですが、「襟裳ラーメン」。カニ・イカ・つぶ貝・たこ…いろいろ入ってて、スープも塩味のダシ効いてておいしかった。襟裳岬は、ただただ風が強くて…。本当に、襟裳のぉ~春はぁぁ~何もない春ですぅぅ~♪のままでした。襟裳も稚内も、アイヌ語で確か岬という意味だったような。

これ、私の実体験なんですが…。

昔、出張だかで他所へいった時のことで。奥様に土産だが忘れましたが、何か小物のプレゼント買おうと思ってですの、デパートだがホテルの中だったか、ちょびっと小奇麗だ貴金属店みでだどごさ入ったんですの。

財布の中味ども相談しながらですの、まあ、これだば見た目高そうに見えるからいいんでろ!と思うよだアクセサリー見つけだわげですの。

で、そのショー・ケースの近ぐで、足首なのキュッとしまってで、足の付け根なの私のへそよりもずっと上さあっがど思うよだキレイな店員が、ニコニコど微笑んでましての…。

よしッ、ここで田舎者だど思われてはダミだゾ。ひとづ、得意の流暢な標準語(風)でキパッとしゃべらねば…ど。

私 「あのぅ、すみません。これ見せてもらっていいですか?このアセクサリー…」、
店員「えっ!………」

一瞬、絶句したそのめんごい店員、次の瞬間、ホンテ奥の歯みえるほど大笑いして、涙流してましたのぉ。今、思いだしても恥ずかしなです。なんたって、真面目な顔して、アセクサリーって言ってしまったわげですからのぉ。汗腐り…。

昔、伊奈かっぺいが好きでしての、彼独特のジョーク、言葉の一部をひっくり返したような言葉遊び。まどりのみどぐち・てっこんきんくりーと・とうころもし・おぎにり……でらって。

こういう遊び言葉ですの、いったん頭の中さ覚えでしまうとですの、本人が意識してねよだ、ある時・ある場所で、突然ピョコッと口がら出でしまうごどあるもんです。方言などより、ずっと大恥かぐことあるもんです。

パソコンの中さも、「プログラム-アクセサリ」でらってありますども、どうしてもアセクサリって心の中でつぶやいでしまいます。そして、その時のごど思い出してですの、どごだが恥ずかし気持ちになりますの。  


Posted by エゾリス at 21:00Comments(0)方言な話

2008年02月28日

春よ恋!早ぐ来いッ!

昨夜はちっと飲み事ありましての…。

今年は、おどどしのようにそれほど大雪というほどでもねなですけど、それでもながなが春の気配は遠いようですの。寒波・寒波の繰り返しで、もう正直うんざりという毎日ですの。私さも誰かカンパしてほしぐれのもんだでば。

おどどしはまんずひどかったですもののぉ。それがらみれば、今年などまだいい方ですのぉ。おどどしは12月9日に庄内さ雪降りましての、そのまま毎日降っては凍り、積もっては凍り、場所によっては車どころか人の歩く道もなぐなってしまいましたもののお。

あの年は12月初めから1月末まで毎日ズンズと積もってですの、まんずあちこち80年ぶりどが100年ぶりどがどいう大雪で、全国みんなしてごんげ難儀しましたよのぉ。

でも、これがら本当の寒(かん)だもの!と性根すえだ2月さ入ったば、逆にベロベロど雪解け始めてきましての、それっきり春なってしまったっけもののお。

ただ、1番凍みだ12月の、ちょうどクリスマスの頃、余目で突風起ぎで列車転覆してしまったですよのぉ。あの酷寒シベリアの大地みでだ、ツルハシとかシャフロの歯も立たねよだ猛吹雪で凍みだ庄内地方の救出作業風景でら、毎日毎日テレビで全国放送されでましたの。

あそごは南極だが?北極だが?みでだ感じで、テレビで見でると、ここは日本でねよだ感じで、どごだが恥ずかしっがったような記憶がありますの。

庄内さだば、絶対嫁だばやらいねッ!全国の親がたみなそう思ったなでねがすがの。我が家もちょうどそげだ頃、縁ありまして関西から嫁もらたわけですんどもの。まあ、そう思われましても、後はもらたものの勝ちですがらの。

してまた去年は去年で、12月・1月・2月とロクだ降らねで積もらねで、2月寒(かん)も過ぎだもの、後は大丈夫だろって、段取りいい人でばちゃっちゃどタイヤ履きかえたその3月に、いぎなりドガッと降りましたもんのぉ。

その雪で、また大慌てでガソリン・スタンドさ駆け込んだ人がた、まんずワッサリいたもんだもののぉ。

私みでですの、どうせ春なの来たて、また夏来て、秋来て、後8ケ月も経てばまだ雪なの降るなだ、ってそう思ってれば、何も慌ででタイヤ交換などしねたてもいいわけだし、去年だばホンテしぇやみの人が勝った年でありましたの。

どうせ、スタッドレスでも普通でも、どっちかのタイヤは道路どご走ればおのずと減るもんだしけのぉ。事故なの起こすと、タイヤの磨耗よりうんと高くつぎますもののぉ。

まんず毎日毎日、春よ恋!早ぐ来いッ!って、そんな感じですのう…。


(写真は横手のかまくら 公園のミニかまくら群)
  


Posted by エゾリス at 08:13Comments(1)季節な話

2008年02月26日

薄暮の釧路港

あちこち読んでは悩み、悩んでは読んで、行ったり来たり、ようやくここまで、やっと画像(写真)貼れるところまで辿り着ぎました。

でって、年取るとだんだいあっちゃくせぐなてきてですの、わーどごわーではがいぐなてくんなですよ。

ブログでら、これでなかなか難しいもんだのーと言うのがほんとの実感ですの。

初めての、私の祈念すべきブログ第1号の写真は、大好きな夕暮れの釧路港にしました。もう数年前の写真ですが、自分の中では、最初に訪れた頃の写真が1番好きですね。眼を瞑ると、霧の街・釧路がおいで、おいでしています。今すぐ、氷都・釧路へ飛んで行きたい、遊びに行きたい、そんな衝動にかられてしまいます。

あいやや、写真眺めてで思わずほろけでしまて、ひとりでセンチメンタル・ジャニーしてしまた。鶴岡弁出すのスカッと忘れでしまたの。おめはんがだ、めッ!しねでくだへの。まんず、きゃあわりごど、きゃあわりごど。

それど、初めてのブログにコメント送ってくれだ人がた、読んでくれだ人がた、本当にもっけでした。すんごくうれしかったです。期待と不安、そして後悔…、今朝、なんかそんなあんべでしたもののぉ。

コメントもらった方々には、きちんと個別に「返信」するのが、ブログの礼儀らしいですのお。どうも、まだトラックバックだとか返信だとかよくわからねので、もう少し、いっときのごんめ時間くだへの。

なんか、昨日の夜ブログ入れてからまだ丸1日だけしか経ってねあんども、かなり疲れた!って、それ本音の本音ですかのお。

みなさん、これがらもどうぞよろしぐお願いいだします。  


Posted by エゾリス at 21:43Comments(2)いろんな話

2008年02月26日

もっけですう

朝、恐る恐るブログ見ましたら、
ひぇーっ、コメントでら入ってましたのお。
おー、おー
うれしいもんですのぉ。

正直、見るの恐かったですもののぉ。
ドキドキ…ハラハラ…って。
「なんだ、このバカ親父!」とかって書かれれてだら、
今日は仕事休むがど思ったほどです。
やんや、やんや、まんず、まんず、もっけですう。

で、感謝の気持ちでですの
一言また文章入れてみっかと思ったらですの
どこから入れたかわからなくなりましての
パスワードとかもうろ覚え…でして。
どうにかこうにか
またここまではたどり着いだんども、
これで2回目の投稿、大丈夫だんでろか…?

いずれ写真でらもつけでみたいなだけども
プロフィールでらも入れでみたいなだども
まんずここは迷路みでで、
書かれている説明の意味もよぐわがらねなです。

あせらねで
だんだい、だんだいですの。

しぇば、みなさん
気をつけて仕事さ行ってくだへのお。
もうすぐ春ですすけ我慢・我慢!
交通安全気をつけて
雪道などで滑らねようにのぉ。

滑るは~親父のはげ頭~♪…でらって、昔ありましたっけのぉ。  


Posted by エゾリス at 07:49Comments(2)ごあいさつ

2008年02月25日

笹巻の話

はじめまして…。本日、めでたく(?)ブログ・デビューしたばっかしのエゾリス親父と申します。
庄内小僧3月号の「小僧戦隊・タイケンジャー」の記事読んでですの、ホーホー、フンフン、こいだば簡単そだ。そのブログでら無性にしたくなりましてですの。右も左もとんとわからねども、ひとづ挑戦してみっかど思てですの。私でもブログなどしていいなですやの。こげして書いていいなですかの。もし見た人などおるもんだば、どうがいじめねでくだへの。叩かねでくだへの。恐い突っ込みなど入れねでくだへの。今、エゾリス親父のちっちゃな胸は、ドキドキハラハラって、ほれッ、この通り、ピクピクど震えてますもの。だんだいど慣れて行ぎますさげ。毒にも薬にもならねよだ話、どうでもいいよだ話、時々書き込みさせてもらいますさけ。どうがよろしぐお願いいだします。

お近づきの印という訳ではねなですけど、ひとつお話しでらしてよがんすがの。
最近、笹巻ご馳走なりましての。子供の頃だばよぐ食べだものでした。で、その三角に巻いである笹の葉クルクル取りますどですの、中から餠米でできた三角の笹巻きの実(?)出はってきますよの。あれ、旧鶴岡市とかその周りの町のはみな黄色いですの。灰(あぐ)で煮込むしけの。だからうまいなですけども。私はそれしか見たことも食ったことも無がら、みんなそういうものだど思ってましだら、これ違うなでしたの。同じ庄内でも酒田の方とかは、中は白いなだもんだど。なして、それが解ったかと言うどですの、女房の友達は勤め柄酒田の人が多くてですの、その友達とお茶でらしてですの、その話聞いて来たなでした。その人、都会の知人さずっと余目の笹巻送っていたなだそうです。たまたま、今年は藤島の笹巻でら送ったそうです。少ししたらその都会の知人から電話かかってきて礼は言われたども、今年は「おいしかった!」とは全く言わねがったなですど。で、笹巻おいしかったでしょ?とこっちから聞くど、「うーん、中が黄色くなって変色してて腐ってたようだから、全部捨てちゃったのよ」だど。女房の友達も、まんずおぼげだ話だったど大笑いしてたど。笹巻ひとつで庄内の中でも違うもんだど思ったども、どごがの農家のガガはん心込めて作って笹巻、都会の友人喜ばせようと送ったもの、それも一番うまい鶴岡版の黄色い笹巻どご、皆なうだる(捨てる)とはもってねごと、もってねごど!!無知でら損ですよの。罪だもんですよの。都会人なの、いっつもインスタントみでだ味さばり慣れでで、心のこもったよだ本当にうめものの味、わからない衆(しょだ)ばっかしですのぉ。まんず、まんず…。

あいやや、初めてで勢い込んだもんだか、かなり長くなりましたよのぉ。これだば、次がら後続かねちゃ。もしこの次書ぐ時あれば10行以内位だの。もっけだごと。もっけだこど…。パチン!(合掌)
  


Posted by エゾリス at 21:16Comments(4)ごあいさつ