2008年03月02日

もうネンネの時間…



愛しの孫が、ようやく里帰りから帰ってきました。

まだ1才4ケ月だから、
やっぱりこの3週間の間に、しっかり成長してました。

山形空港まで迎えに行った息子のことはもちろん、
待ちわびていたジージもバーバのことも忘れていませんでした。
うれしかったですね。

帰ってきた午後から、
ポカポカとした陽だまりの家の外や、
お気に入りのおもちゃなどで、みんなといっぱい遊びました。
にぎやかで、大騒ぎ、久しぶりに楽しくうれしい日曜の午後。

夕食後、いつもよりは少し早目にお風呂に入り、
午後8時半頃、
以前と同じように、寝る前の習慣であるハイ・タッチをして
嫁に抱っこされながらのいつも通りのバイバイをして、
孫は3週間ぶりの自分の部屋へと上りました。
(ベットに寝かすと、やっぱりコロッとすぐ寝たそうです)

ようやく、隠しておいたノート・パソコンを開くことができる時間です。

写真は風呂上りで、
もう眠くて眠くてどうしようもない、ほぼ放心状態・虚脱状態の孫です。

そして、午後にぎやかだったという、もうひとつの理由がドラム・セット。
今日の午後、追いかけるように宅急便で届きました。

嫁の話によると、里帰り中に、
実家の両親が、孫のためにと買ってくれたのだそうです。

デパートかどこかにみんなで行った際、
孫が気に入って、その場を離れなかった…とかで。
小学校卒業までは、充分これで大丈夫だろうと。

確かに、音楽は大好きで、テレビやおもちゃから何か音楽が鳴りだすと
カラヤンよろしく身振り手振り、いつもノリノリ状態にはなりますが…。

それにしても、ドラム・セットのジュニア・タイプ…とはビックリ!
対象年齢6歳以上…って、孫はまだ1才と4ケ月。

スティックを器用に両手に持って、
楽しそうにバンバン・バンバン叩いてはいましたが…。
そういう意味でも、これからまたまたやかましく、騒々しい我が家になりそうです。

孫可愛いさの故ですね。
嫁の両親も私と同年齢。どちらにとっても初孫。
向こうで出産しましたから、その可愛さもまた格別なのでしょう。

久しぶりの里帰り、そしてそれが終わり、
今ごろ、向こうの家がきっと寂しくなっているかと思います。

子も可愛いいですが、孫の可愛さはまた格別です。
巷間言われるように、
責任もなく、ある意味盲目的に可愛がってればいいのですから…。

自分の子育ての時期は忙しく、全てに余裕がないわけですから、
ジジ・ババのような猫可愛がりはできないのが当たり前です。


  


Posted by エゾリス at 23:24Comments(3)家庭な話