2008年06月30日

手作りピエロ人形

本棚の最上段に座っている、布製手作りピエロ人形。

家族の日常を、黙って見つめているよう…。





随分以前、友人からいただいたとかで、妻のお気に入り。

なぜか、新発田出身の
蕗谷紅児の絵のイメージと、どこかかぶってしまう。

ピエロの、ユーモアの陰に隠された悲哀と寂漠…。

世界で一番最初に
サーカスなどで
この役を演じたのは誰だろう…。

ピエロには
人々を魅了する何かがある。



実は2体ある。
上手に作るものだ。


  


Posted by エゾリス at 12:00Comments(4)趣味な話

2008年06月29日

おいしい広東麺!濃辛風味

時々、ここの広東麺(カントンメン)が食べたくなる。

ボリュームある野菜類と、
しょっぱくて辛い、このスープに惹かれてしまう。





ご存知!
七窪の方の中華料理・龍鳳。

龍鳳は、もともとここから始まっている。
開店時から通っているので、やっぱり30年くらいは経つだろうか。

汗をかきかき、ビリビリした舌を水で冷やしながらも
ついついこのカントンメンを注文してしまう。

豚レバーが大量に入ったスタミナラーメンもたまに…。

ここの手作り餃子は、格別うまい!
そして、たまごスープも量がたくさんでおいしい。




なにより、メニュー全てが庶民価格で、かなりの割安感がある。

もし、知らない方がいるとしたら
湯野浜温泉に入る手前の、十字路角にある中華料理店。

鶴岡グルメとして、お薦めのお店です。  


Posted by エゾリス at 15:00Comments(6)味な話

2008年06月29日

パソコンが限界…!?

最近、パソコンの調子がかなり悪い。
Meなので、もう限界かもしれない。





作業中にコンフリクトするのは、ごく当たり前。
立ち上げ時にそれを修復しようとしても、その復元途中で必ず固まる…。

何より、まともにスムーズに動く日が最近ほとんどない。

孫の、まるでピアニストのような強烈な両手での叩き方、
止める間もなく、アッという間に、
バンバンバン!

この両手で複数回叩かれるのが、どうやら響いた模様…。

ハードディスクがまともに動かないで、ひたすらキーキーと言っている。

物理的障害だと思う。
立ち上げのシステムもうまく作動しない。

Ctrl+Alt+DelでのOFFも全く効かず、
仕方なく、毎度毎度涙を飲んで強制終了するのみ…。

システムの復元やデフラグかけても、必ず途中でコンフリクト。
調子のいい時のみしか、動いてくれない。

3~4年前も駄目になり、修理に出したら
全てが初期化され購入時のようになって戻ってきた。
トホホ
撮り貯めた写真も全てパー。

携帯でのんだ!ブログのアップはよくわからないし、
もしパソコンが完全に動かなくなれば、
そのまま、しばらくはブログ休止となってしまいます。

その時は、もうすぐ目の前に…。

んだ!ブロガーのみなさん、
今までありがとうございました。
突然、やむおえずしばらく休止することになるかも知れません。

とりあえず、今パソコンがなんとか動くうちに
ブロガーのみなさんに、ひとことお礼を言っておきたくて…。
  


Posted by エゾリス at 08:00Comments(5)家庭な話

2008年06月28日

ぷにゅん♪災害時携帯ラジオ

土曜日、お昼近くの人気ラジオ番組
YBCラジオ「ドンキーのいいのぉ庄内」…。

その番組内のプレゼントで当った
ぷにゅん♪特製「災害時携帯ラジオ」。




結構、頑丈にスマートに、いい感じで作られている。

車のナビ・携帯電話のワンセグとテレビは常時あるのに
逆に、このラジオをもらった時はマジ嬉しかった。


電池内蔵と、グルグル回す自家発電タイプの両タイプ兼用型。





懐中電灯にもなって
AM/FM/TV音声と使えるので、
イザという時には、結構役立つのかも知れない。

地震など、すぐ取れるようにと、
テレビのサイドボードの上にいつも置いてある。

たまに孫のおもちゃになっているが、
災害用だけあって、結構頑丈でなかなか壊れないものだ。
  


Posted by エゾリス at 16:14Comments(4)いろんな話

2008年06月27日

おいしい野菜ラーメン・塩ッ!

仕事帰りの昨日、
小腹対策に
なじみの店のいつもの暖簾をくぐり…、席に着く前に注文する。

野菜ラーメン・塩ッ!

ほーい、毎度ッ!
オヤジのかけ声が、奥の方から聞えてくる。

今の時間は、
いつもラーメンの麺の仕込み時間なのだ。




透明なスープと濃い目の塩味。
独特の細めの自家製麺。

なにより野菜がいっぱい…。

野菜は、全てパリッとしている。
炒め過ぎて柔らかくなった野菜は、全くおいしくない。

熱々の透明なスープをひと口すすってみる。

おー、この味だ。
今日は、立ち寄る前から、この野菜ラーメンをイメージしていたのだ。

うーん、やっぱりうまいッ!

後は
月間少年チャンピオンと月間マガジンの新刊を
ズラリと並んだ本棚からとりだして…、

うーん、至福のひととき。

さーて、食うかぁ~♪

今日は、フキの煮付けをサービスしてもろた。




やっぱり
この店の味が一番食べ慣れている味だ。

一番好きなラーメン屋「おばこ食堂」。

スープの一滴まできれいに飲み干して、
通りがかりのいつもの本屋にちょっと立ち寄って
それから、素知らぬ顔でまた夕食を食べた…。  


Posted by エゾリス at 07:06Comments(12)味な話

2008年06月26日

錯乱坊…

うーう・う・う…(涙)

やっと、やっと…
わが家にも、山形産さくらんぼが届いた…。




毎年、送ってくれる妻の友人に感謝!
南東の方向に向かって、パチン!(合掌)深々礼

さくらんぼへの、私の究極の思いは

ボール山盛りのさくらんぼを
白昼の源泉かけ流し温泉の湯船に浮かべて
温泉とさくらんぼ、両方心ゆくまで味わうこと。

ふたりともさくらんぼ好きなので
食後のデザートに、パクパクパク・パクパクパク…
おー、肉厚で甘くて、ん・めぇ…!
アッという間に4分の3ほどは食べてしもた。

ハッ…!?
息子夫婦の分も、少しは残してやらんとッ!

ところで…
さくらんぼと言えば
昔、和田アキ子がテレビで話してた。

楽屋での着替えの途中
同室の女性タレントだったか歌手に言われた
思い出のひとことについて…。

あら~♪
アッコさん、
かわいい~♪
真っ赤なリンゴ柄のパンツ(下着)なんですねえ。

ハァ~ッ?
リンゴだとぉ…

うう~、
シバクぞ~!てめぇ~

これは、さくらんぼ柄のパンティじゃあ!  


Posted by エゾリス at 12:00Comments(4)味な話

2008年06月25日

レレレのレ~♪と栗落雁




大好きな信州・小布施の街で見つけました。

レレレのレ~♪

こういうオジサンがいる街は、温かくていい街です。

小布施といえば、
落ち着いた町並みで、今や信州の人気観光スポットのひとつ。

そして、小布施のお土産と言えば、
定番の「栗落雁(らくがん)」。




ホロッとサクッとした歯ざわりと、上品な風味とあっさりした甘味。
お茶にもコーヒーにも、とてもよく合います。

そう高くないので
訪れるたび、小さめの箱をたくさん買ってきては
お土産に、自宅用にと、
そこはかとない和のおいしさを楽しんでいます。  


Posted by エゾリス at 12:00Comments(5)旅な話し

2008年06月24日

激辛ッ!手作り巨大メンタイコ

料理名人女将の自慢の逸品。
激辛ッ!手作り辛子メンタイコ。




パクッ、

うまいッ!…けど、ヒーッ、辛いッ!

パクッ、

ヒーッ、辛いッ!…けど、うまいッ!

これはまだ仕込み途中のものだが、
まだ早い…!
というのを、懇願して出してもらった隠れメニュー。

後、2週間も経つと
韓国産唐辛子をたっぷりまぶしたメンタイコの
中まで、全て真っ赤っかに染まった
特製激辛メンタイコの出来上り…。

ひと口舐めたら、
ヒーッ
痛いほどに超激辛の、自慢の手作り巨大メンタイコ。

恐いもの見たさ…というか
この店に足を運んだら、これが食べたくなる。

この日の激辛メンタイコは
他の料理もあり、全部食べ切れずにお持ち帰り。

もうひと切れ、サービスしてもろた。
感謝…!

翌日朝、
熱々ご飯の上に
ボダッとのせて

ハフー・ハフー・ヒーヒー

おいしくいただいた。  


Posted by エゾリス at 12:00Comments(8)味な話

2008年06月23日

大清水そば

先日の日曜日
源泉かけ流しの温海温泉の外湯・正面湯へ。

海沿いのR7は使わず、
往復とも、湯田川温泉から田川へ、
そして鬼坂峠のトンネルから温海菅野代を通り抜け
深緑美しいR345の山合いルートを走り、温泉街の萬国屋付近へ到着。

よくきれいに整備された道路が続き、
交通量も信号もないので、まさに快適なドライブコース。

外湯・正面湯で温泉を楽しんだ後、
ちょうど昼時だったので、昔から湧水でも有名な「大清水そば」へ。




正直、関川にある金沢屋には予約をしてたまに行っていたが
温泉街外れにある、この有名な大清水そばは初めて…。




お昼時なので、客がいっぱいで忙しそうではあった。

近年、鶴岡にも新しくいろいろなお店が開店しているが
どの分野でも、
ホスピタリティを重視しているお店が多い。

そこが商売のキーポイントになっている。  


Posted by エゾリス at 15:00Comments(5)味な話

2008年06月22日

エゾリス農園、その後…

朝晩、毎日水をかけていたら
やっと、こんな風になってきました。




で、ピーマンもやっとこんな感じ…。




プランターと苗代と水道代と
朝晩の手間隙と…って、いろいろ考えると

絶~対、買った方が安いッ!

穴が開いている葉っぱもある。
虫がついているみたい。

気にしない、気にしない。
あるがままの自然に任せて、虫にもおすそ分け…。

何より虫類が嫌いなので、
そんな話は無視・無視・無視…。

おーい、○ッチー、
もう少し経てば、
ジージが育てたミニトマト収穫できるぞぉ!…多分な。
  


Posted by エゾリス at 21:00Comments(5)家庭な話

2008年06月22日

生ハムの冷製野菜スパゲッティ

昨日の夕刻、
息子が作っくれた男の手料理…。




暑かった昨日の1日、
冷やっとした生ハムと新鮮野菜がおいしかった。

もちろんパスタも…。

ボーンオーバーしないよう、茹で時間に気をつけていたし、
茹であがったパスタは、すぐに大量の氷水で締めていた。

だから、麺にコシが出て、とてもおいしかった。

オリーブオイルを使ったドレシッングはどうしたものか。
市販ものか、作ったのか…。

いずれにしても
たまにしかやらない男の手料理は
おいしさと材料にこだわってしまう。

原価の高さなど、もちろん関係ない。
おいしければいいのだ。  


Posted by エゾリス at 07:05Comments(3)味な話

2008年06月21日

囲炉裏のある風景

もしもぉ~ 私がぁ~ 家を建てたなら~♪

流行り歌の通り、
若い時分の子育て時期
白い洋風な、小さな庭のある家を建てた。

40坪ほどの小さな家にしては、ちょっと大きめのLDK
建築面積に入らないベランダとバルコニー、
玄関部を吹き抜けにして
そう高価ではなかったが、シャンデリアみたいなのを吊り下げた。


(写真は、飛騨高山の合掌造りの家屋内)

それから20年が経った。
3年前にようやく住宅ローンも終わり、気づいたら50半ば…。

今は、
写真のような
こうした囲炉裏のある風景に
逆に、とても心がなごむ。

4年ほど前
子供が大学を卒業し、帰ってきたのを機に…

バルコニーは
とりこわし、2階の息子の部屋を拡充した。

そのバルコニー下の1階の空間は
履きだしガラス戸で全面を覆い、趣味のサンルームへ。

玄関の吹き抜け部は
天井を張って、2階クローゼット室へ。

ベランダは
履きだし戸の向こうに、さらに
4枚のガラス窓を取り付け、
暴風雨雪マルチ対応の、完璧な洗濯物干場へと変身。

そして、LDKは
いまや
孫のおもちゃ置き場・プレイルーム
紙おむつ・着替え置き場へ。

冬期間には、室内洗濯干場と化し、

コタツとマッサージチェアと食卓テーブルで
かなりの部分を占有…。

若い頃、
流行りのイメージで建てた住宅だが

長い間の子育て・家事、
そして、現在の孫育ての中
生活重視で、住みやすいように大きく様変わり…。

長く暮らしていくと、どこの家庭もそうなって行くのだろう。


最近、“家”というものについてあらためて考える。

子育ても終わった今、あと数年後の退職後…。

家は、夫婦が使いやすい、
ただ落ち着く場所であればいい。
帰巣の場であばいい…と。

定年後、
ただ孫だましがメインの人生ではつまらない。
それは、それで幸せなことだが…。

若い時から好きだったこと
やりたかったこと
住んで見たかった土地など…、

気にすることも、
恐れることも何もなくなったら、

いろいろなことに挑戦してみたい。

そして、できれば
一番いいシーズンだけでも

どこかゆったりと大自然に囲まれた地で

パチパチと
囲炉裏に火がはぜる

そんな小さな和風の平屋に
夫婦ふたりだけで
ゆったりと暮らしてみたいな…と。




意識も、感覚も、要求も、美意識も

時を経るごとに
少しづつ
しかし、確実に変わっていることを実感している。

(写真は、岩手県花巻にある高村光太郎記念館敷地内にある光太郎寓居)  


Posted by エゾリス at 12:00Comments(3)建物な話

2008年06月20日

新鮮!長~いアスパラ

ここ丸1年間で3回訪ねた
信州・野沢温泉の、わが家お気に入りのペンション。

これでもかッ!というぐらいの
お腹を壊すくらいの勢いで、
いろいろな手作り料理が並ぶ。

しかも、全て新鮮でうまいッ!




このアスパラ、長さはゆうに30cmを超える。

あはは、今日のために採らないでいたのよ。

と、調理を担当しているオーナー・ママさん。

料理が美味すぎて、量と種類が多すぎる…。
しかも、宿泊料が安い!

この宿で
毎回、こういう採り立て新鮮な
自家製の手作り料理の数々を食べていると

冷凍食品主体の、みせかけ豪華な
あちこちの大型観光旅館の料理が、とても貧しく思えてくる…。

上に映っているのは大好きな野沢菜。
野沢菜も作っているのだ。




かけ流し温泉といい空気、
たくさんの手作り料理と心温まる応対。

信州には、まだまだいろいろな魅力ある。  


Posted by エゾリス at 12:00Comments(4)味な話

2008年06月19日

二段重ねのカツ定食

この二段重ねのカツ定食は…。




ご存知!
みどり食堂のカツ定食。

量の多さと
値段の安さと
おいしいことと
食後のおかわり自由の無料コーヒーと
会計後にザルから飴が自由に貰えることと
何より、家から割りと近いことと

みんな適応しているので
知らず、みどり食堂に足を運んでしまう。




食後の一服と、コーヒーがうまいッ!

ごちそうさまでした。  


Posted by エゾリス at 12:00Comments(4)味な話

2008年06月18日

生マグロの漬け丼

生マグロで、漬け丼を作ってみた。




炊きたて熱々のご飯の上に
刻んだシソの葉と海苔を乗せ

醤油に漬け込んで、
冷蔵庫で寝かせた生マグロをいっぱい乗せて

大好きな胡麻をパラパラと

最後に、たっぷりのわさび醤油をぶっかけて…、




いっただ・き・ま~す!

ガツ・ガツ・ガツ…。

おーッ、ん、めぇ~♪
  


Posted by エゾリス at 12:00Comments(7)味な話