2009年09月30日

巨大魚介センター

結構、客の目を引いていたのが、この八戸産の巨大真ダラ。
3,500円!


真冬のシーズンならもっと高くなると言っていたが、
庄内産なら、冬の時期多分1万数千円はするのでは。

S・Wの最終日
苫小牧港から八戸港までのフェリーの帰路、

八戸は初めて立ち寄ったが、
フェリーターミナルでの情報によれば
市内には、あちこち大きな魚介市場があるようだ。

朝食も兼ねてと
朝、訪れた市場(八食センター)は
数十軒のお店が入ってて、
新しくて巨大で、まさに魚介の総合ショッピングセンター。


採れたて新鮮な魚介類の種類も量も驚くほど豊富で、その全てが安い。

北海道人でも、この市場に来れば驚いてるよ!
とお店の人が笑っていたが、そりゃあそうだろうなあ。

函館の朝市も釧路の和商市場も何度か訪ねているが、
客のほとんどが観光客。
こんな市民目線の激安価格では、到底敵うわけがない。

知らなかった。
八戸、恐るべし!




上のマグロのカブトは500円、新鮭の半身イクラ入りで1,100円~、
他にも毛ガニやタラバ、八戸産の新鮮なイカ・サンマ・ホタテ・キンキなど、どれもこれも安い。


土産の魚介類はすでに買い込み、知床から自宅へ発送済み。
ここに立ち寄って、なんか損した気分も。

今度はここに魚を買いに来たいね
とエゾリスワイフ。

えーっ、
高速料金は往復で2千円だとしても
ガソリン代に往復70㍑程度はかかるし、
なにより往復で10時間以上はかかる。

日帰りの買い物だけならひどく高くつくが、
いつか旅の途中としての立ち寄りならば、別に割高感はないだろう。

でもまあ、当分は長距離を走る気はない。
S・W期間中、道南から知床羅臼・ウトロまで、
毎日飽きるほど走り回ってきたんだから。  


Posted by エゾリス at 12:00Comments(2)旅な話し

2009年09月29日

おでん

店内を歩いていると、どこからかプ~ンといい匂い。

おっ、大きい!
その大きさが目をひいた。

なんか懐かしい感じのする三角形のおでん。




普段、玉こんにゃくばかり見慣れていると
昔のマンガ「おそ松くん」に出てくる、
チビ太の持つような三角おでんが逆に珍しい。

玉コンもしたことあるけど、
やっぱり地元はこの形が好きなんですよ
と元気印のおかあちゃん。

それ、一本くださいな
はいよ!

手にとると、味が染みてておいしい!

フーフー
おかあちゃん、おでんおいしいよッ

そうかい、ありがとねッ


八戸八食センターにて。
  


Posted by エゾリス at 20:00Comments(2)味な話

2009年09月29日

森の巨木

雨の日の森林トレッキング。


森の中に佇む巨木。

幹を伝い、勢いよく流れ落ちる樹幹流

耳を当て、手でさわると
冷たい雨と木のぬくもりを感じる。

人間も動物も昆虫も植物もみんな
こういう自然の恩恵の中で、
生かされているんだなあと実感。

三瀬気比の森



  


Posted by エゾリス at 07:58Comments(0)季節な話

2009年09月28日

いい旅を

大山方面からの帰路
ムサシ前で信号待ち

ふと前をみると

リアガラスいっぱいに
「祝 高速千円」
のビニールテープを貼ったワゴン車が。




ん~、わかるなあ
その気持ち。

見ていると
こちらもニコニコ
なんかほのぼのうれしい気分になってくる。

よく見ると
「東京← →」の文字も。

いいなあ
きっと日本全国、気ままな旅なんだろうな。

市役所前の鶴岡公園の信号待ち
右折するために隣に並んだ際、

チラッと運転席を垣間見たら
運転していたのは、ナント若い女性。

助手席は無人のようだったが
後部座席に彼氏がいるのかもしれない。

愛車を使い
わかりやすくストレートに、高速料金千円の喜びを鼓舞している。

今日も全国のどこかを走っていて
後続車に、ほのぼのとした笑みを与えているだろうか。

旅好きなひとりとして
なんかニンマリと微笑ましい気分。  


Posted by エゾリス at 17:00Comments(0)旅な話し

2009年09月27日

立つんだ!ジョー!

白く燃え尽きた
矢吹ジョーの姿をみかけた。


辺りに、丹下のオッチャンはいなかったが、

“立てッ!立つんだ!ジョー!”

の怒声が聞こえてくるよう…。

東京東中野の商店街の一隅
白昼の居酒屋の玄関先

昨夜の酒が
まだ残っているのかも知れない。  


Posted by エゾリス at 21:09Comments(6)いろんな話